ゼロから始めるゲーム実況生活

ゲーム実況を始めるために奮闘する日々。

ゲーム実況に必要なものを揃えてみた

 

ゲーム実況を始めるにあたって必要なものを調べてみました。

 

ゲーム機

TVモニター

PC

キャプチャーボード

マイク

 

最低限この5点が揃っていれば実況はできそうです。

 

このうち、キャプチャーボードとマイクをもっていなかったので

人気が高いものを選んで購入したものを紹介します。

 

キャプチャーボード

まず、キャプチャーボードとはなんだ?

ということでゲームを録画する機材になります。

ゲーム実況するためには必ず必要になるので、

自分の動作環境にあったキャプチャーボードを選びましょう。

 

私が購入したキャプチャーボードはこちら↓↓

 

 ○GC550 

 

キャプチャーボードの購入を検討している方は検索で必ず引っかかってきたであろうAVerMediaのGC550 です。

 

この商品を買う上で注意していただきたいのがPCのスペックです。推奨されている動作環境がありますので必ず条件を満たしているかを確認してから購入してください。推奨動作環境についてはHPに詳しい詳細が記載されていますのでそちらをご参照ください。

http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc550.html

 

私はこの動作環境の確認をせず、レビューやクチコミの評価が高いという理由のみで購入してしまったのでPCのスペックが全然足りてませんでした。録画することはできましたが高画質では撮れませんのでご注意を。

 

他に購入を検討したキャプチャーも紹介しておきます。

 

○MonsterX U3.0R

 

こちらも人気のキャプチャーボードSKNETのMonsterX U3.0Rです。こちらはGC550 ほどの高スペックなPCは要求されていないはずですが、動作環境の確認は要チェックです。値段を抑えめにしたい方はこちらがオススメです。

 

○AVT-C878

 

 GC550 と同じくAVerMediaのAVT-C878です。

この商品はPCレスの単体録画が可能となっております。同じく単体録画ができるAVT-C875の上位互換機種です。

 

しつこく言いますが、キャプチャーボードを購入する際の注意点は動作環境の事前確認です。あとは商品ごとの特徴をみて自分が欲しいものを選んでみてください。

人気機種のキャプチャーボードは実際に使用してみた記事が多くありますので参考になります。

決して安くないキャプチャーボードですので失敗のないよう、購入前に必ず確認を!!

 

マイク

声をいれるためにマイクが必要になります。

マイクはなにを買って良いのかわからなかったのでamazonで人気の高いものを選びました。

 

 

 実況に必要な機材揃いましたので次回、実際に録画をしてみようと思います。